王芳を綴る


職人の手仕事 [餃子]

〇 包む

三ケ月型の餃子は、中国の古い貨幣 「馬蹄銀」 に由来すると言われる。餃子のヒダは飾りともなるが、調理過程で、中の餡が肉汁により膨張する。ヒダを作ることにより、肉汁をとじ込め,ジューシーな味わいの餃子が出来る。
丸型の餃子は、お金を入れる巾着(財布)に似せていて、お金が貯まると言われる縁起もの。茹でて調理する時に破れにくい形をしている。
この縁起のよい餃子は、お正月やご祝儀事などに供される。

一つ一つ手作業で餃子を作り続けて50数年。ジャングイの左右の手の親指、人差し指は丁度餃子の形の様に変形している。

 

 

 

 

職人の手仕事  [ 餃子 ]

〇 皮を伸す

ねかせた生地を麺台に取り出し、細い棒状にして一つ一つ手で千切り、麺棒で伸す。餃子の皮は、中心は厚めで周りは薄く、楕円形に伸す。餃子は、ひだを寄せながら包む為、重なった外回りの厚さと、中心部の厚さが同じになる様にする。(ちなみに、ジャングイの手にしている麺棒は、46年間使い続けた代物!)

 

職人の手仕事 [餃子]

〇 粉を練る

粉をふるい(篩)にかけ、冬は熱湯、夏は微温めの湯で粉を捏ねる。練り上げた生地は二日間ぐらいねかせる。その間に数回練り返しを行う。その作業により、こしがあり、もちもちとした食感に仕上がる。

王芳 46 周年の創業日

昭和46年4月16日(金)に誕生しました王芳は、平成29年4月16日(日)創業46年を迎える事ができました。

この長い年月を恙無く過ごしてこられましたのは、偏にご贔屓頂きましたお客様、各方面からのご協力、応援して下さる皆様のお蔭と思い、心より感謝申しあげます。

振り返ればこの46年の間には、三度もの店舗を変えたり、多方面こらの沢山の取材を受けたり、料理教室を開いたり、文化通りで実演販売をしたりと、数限りない思い出でいっぱいです。

これからも、遥か昔の初心に立ち返り、また、当店が創業当初から現在の今も続けている、職人の手による“手仕事”に誇りをもち、以前からの客様には懐かしんで頂き、新しいお客様にはその”手仕事“に興味をもって頂こうと、毎日精進していきたいと思います。

 

皆々様のご健勝を願い、今後ともご愛顧を賜りたく宜しくお願い申し上げます。 

      平成29年4月16日         
       
               王芳 ロゴ (1)

 

 

王芳のマッチ(燐寸)

img_20161108_150127

作製した時期は正確には覚えてはいないが、福島市の電話の市内局番が2ケタという事からすると、25~26年前かと推測します。(金源ビル店が1987年にリニューアルした後で、局番が3ケタの変更が1998年。その間に作ったものだと思う)

img_20161108_152611

当時は、飲食関係や、金融関係などその他多くの職種で自社の名入れのマッチを作り、宣伝広告用として配られたものです。
現在は、広告媒体が多様化したり、生活様式の大きな変化で、周辺では、ほとんどマッチは見当たらなくなった。

マッチの作り方を見てみると、マッチ全盛の時の作り方は、ボール紙にラベルのデザインを直接印刷し、マッチ箱の形状に作り上げている。その以前の昭和30年代頃までは、経木(マツ材を薄く板状にしたもの)を使用して箱を作り、その表面にデザインしたラベルを貼りつけていたらしい。

王芳のマッチは、ラベルの材質として和紙を使用し、デザイン、印刷したもの。その為、直接箱としては利用できず、昭和前半と同じ製作作業になると言う事になる。
そのような事情で、デザインされたマッチのラベルと白無垢のマッチの箱は、別々に納品された。それを、一つ、一つ手作業で張り付けていくのです。

img_20161103_143305

ラベルのデザインは、表面は中国の山水画、裏面には中国の諺(ことわざ)が書かれている。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-10-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-10

マッチは近年、日用品としての役割を終えてしまったが、ラベルアートの感覚でとらえられ、愛好家、収集家も多くいるときいています。

 

王芳麺

創業当初の献立表に、今は幻の ”王芳麺” という品書きがありました。

昭和46年の開業にあたっては、沢山の準備があり、中でも献立表を作ることは特に重要な仕事。席数7つの小さな店が多くのお客様に知って頂き、2度、3度と来店していただく為の ”献立表” 。    あれはどうか、これはどうだろうと、毎日毎日額を突き合わせての作戦会議。 と思いついたのは、店主の修行先である秋田の「王芳」 の拉麺!  ジャングイ(親方)の店の拉麺は、澄んだスープ(清湯)に野菜が入り、玉子をまぶす。その上にチャシュー、メンマが盛り付けられていて豪華そうな一品だった。(当時の一般的な拉麺は、醤油仕立てのスープに、麺が入り、チャシューメンマ、ナルト。) ジャングイの許しを得、その拉麺に店名をつける。 価格は、近隣のラーメン店と同じ90円に設定し、献立表のトップに載せた。 ”王芳麺”の誕生です。

今でこそ具沢山の麺は珍しくはないが、当時の福島では、とても斬新に見えたと思う。間をおかずして巷で話題になり、口コミで広まった。
勤め人、学生達はもとより、子供達もが100円玉を握りしめ来店し、美味しそうに王芳麺をすする。食べ終えると、釣り銭の10円玉を手に満足気に帰って行く。なかには、「この値段でいいんですか?申し訳ないですネ」 と言われたりもしました。

img_20160921_142923

この王芳麺は、新町ビル時代の10年間続き、王芳のこれから先の行く道をつくり、勇退しました。
今でも、当時を知る方々と思い出を語り合い、話に花を咲かせています。

 ” 王芳麺 ” 謝謝!!

 

 

 

急告です

5月23日(月)福島テレビ(FTV)の ”みんなのニュース” のなかで、「王芳の餃子作り教

室」(当店が勝手につけた題目)の放映があります。是非ご覧いただきたいとおもいます。夕方、

5時26分頃になるようです。時間の都合でご覧いただけない方は、録画をしていただき、お時間

のある時にゆっくりご覧いただきたいとおもいます。収録は、5月17日(火)に行いました。福

島テレビの浜中アナウンサーと、当店々主が、視聴者の皆様に解り易いように実演しています。

IMG_20160517_120703