味道真好


怪食クラゲ美人  美味しさ色々ジャン

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 怪食クラゲ美人        美味しさ色々ジャン
イメージ (5)
17、クラゲの2~3%はコラーゲン、美肌の効果抜群。世の女性の美容に
   我が身を呈するクラゲ!

18、西施とは、春秋時代(紀元前500年)の伝説上の美女。古来からの  
   中国四大美女の一人。
   調味料一つ、化粧一つで、七変化!


昭和58年4月23日、昭和58年5月17日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター             味童子(渡辺 孝行)

 

麻婆の辛い話  ギョーザのイメージ

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 麻婆の辛い話          ギョーザのイメージ
麻婆豆腐、餃子
15、赤唐辛子の辛さ辣味(ラーウェイ)と、山椒の痺れるような辛さ麻味
   (マーウエイ)、異なる辛さの競演。
 
16、餃子の「餃」は、食べ物で人が交わると書く。中国では、家族全員で
   餃子を作り食べる。餃子の時間は、家族が一つになる時間。    


昭和58年2月24日、昭和58年3月23日付   福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター            味童子(渡辺 孝行)

粥  大嚙麵

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 かゆ                       あんかけそば
13 粥
13、正月が過ぎた7日の朝「七草なずな唐土の鳥が日本の国に渡らぬさきに‥‥」
   と唱えながら家の主が神棚の下で、俎をたたく。
   七草粥は、正月疲れの胃袋を労わる行事。

14、あんかけは、材料の旨みをとじ込めたり、料理を冷めにくくしたり、使い勝手の
   良い調理方法。


昭和57年12月14日、昭和58年1月24日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター              味童子(渡辺 孝行)

蒸籠餃子  廣東湯麺

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

  
むしギョーズ        五目うま煮そば
蒸し餃子、広東麺
11、皮と餡の美味しさが、ぎゅ~っと凝縮した予想以上の  ”うまい”  が。 熱ッつつつ!

12、野菜たっぷり、バランスのとれた具材。 あったまったなー


昭和57年10月、11月30日付       福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター       味童子(渡辺 孝行)

 

魚香茄子  什錦炒麺

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知真

  なすの肉あんかけ           五目揚げそば
味道真好
9、 茄子は正月の三大初夢。「一富士、二鷹、三なすび」殊の外縁起が良い!
      魚香とは、香味野菜(長ネギ、生姜、ニンニクなど)を使う料理方法の事。

10、揚げそばのご案内をして間もなくの事。年配のご夫婦が、新聞の切り抜きと、
   紙に包んだものを持参し来店。”これが食べたかった、ここにあったんですね
   探してたんです ”  その紙に包んだものを口に填めて、”美味しい! ” と満足げに。

 

昭和57年4月22日、5月11日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター        味童子(渡辺 孝行)

 

麻婆豆腐白飯  叉焼湯麺

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

豆腐と肉の辛子まぶしライス     チャーシューメン
マーボー豆腐1 
7、 中国語で ”    ”は、あばたの意も。 辛! うま! 大すき!! 
   あばたもえくぼ。

8、「ジャングイの一言」の簡単チャシューの作り方参照。

 

昭和57年4月22日、5月11日付     福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター        味童子(渡辺 孝行)

糖醋肉白飯  水餃子

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新 

 すぶたライス          ゆでギョーズ
イメージ
恋するすぶた、甘酸っぱい初恋のあじがするの! 昭和57年 夏 「男の料理教室」開講


昭和57年4月22日、5月11日付        福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター         味童子(渡辺 孝行)

 

海蜇涼拌麺  什錦涼拌麺

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新           

 クラゲ冷やしそば              五目冷やしそば 
冷やし二種
梅雨が明けたころの店先に、「 冷やし中華始めました 」のおしらせが!
この時代の夏の風物詩、季語にもなる。


昭和57年2月27日、3月29日付  福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター      味童子(渡辺 孝行)

芙蓉飯

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新 

  かに玉丼
かに玉丼
巨人、大鵬、卵焼きとは、昭和時代の流行語。子供も大人にも人気のあるものの代名詞


昭和57年1月13日付   福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター  味童子(渡辺 孝行) 

蝦球湯麺

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 えびそば
えびそば2
昭和時代の広告を見ながら、王芳の味と歩みをふりかえる第一号。
うすピンク色のえびが、あんかけの衣をまとった天女のようにも見える。

昭和56年12月12日付   福島民報夕刊掲載
制作  :  進和クリエイティブセンター  味童子(渡辺 孝行)