月別アーカイブ: 2015年10月

中国料理を楽しもう。

中国料理は大皿に盛り付け、円卓を回して各自の好みに応じてつぎ分けて食べる。
同じ皿の料理をつつき合う事で、一同の親交はぐんと深まり、雰囲気も和む。

中国では毒味の風習がある。主がまず最初に料理に箸をつけてからお客様に
すすめる。これにより「お気軽にどうぞ」という阿吽の呼吸が成立。

又、料理は熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちが一番。
遠慮せずに旬をいただくのがエチケット。

次回は、簡単チャーシューの作り方
いきますか!!

ジャングィの一言

美味しいことなんてわかってた。

僕にとって中華料理屋は鬼門。

肉、卵のオンパレードでしかも油たっぷりの料理達との対峙はシーフードベジタリアンで
通している僕にとって出来るだけ避けてきた道。

そんな中華音痴の僕を、敬愛する福島のナイスガイが「ぜひ連れていきたい店」として
誘ってくれたのが王芳。

席数は・・・・、けっこうある。
メニューも・・・、けっこうある。

しかし、働いているのは、たったの二人。 清潔な店内。キッチンも整然と美しい。
自分のしっている街の中華屋さんの、雰囲気とは違う。 年季の入ったおかみさんの接客、
おやじさんの独特の料理のリズム。 それらが心地いい空気を店内に循環させている。

肉も卵も使っていない、豆腐と野菜の炒め物を頼んだ。
油切れの良さ、潔い後味。
言うまでもなく、美味い。

店に入った瞬間から、美味いことなんてわかっていた。

って原稿書いていたら、ふらりと福島いきたくなった。 街に一つ、あってほしい店。
カウンターからの景色もあわせて、王芳という”街の中華屋の矜持”を味わってほしいな。
ぜひ。

オーガニックベース/奥津 爾

家族一同大ファンです

いつも美味しくいただいています。
どの料理も美味しく、やみつきになります。
あるメニューが一度自分の中でブームになると抜け出せなくなる魅力が各メニューにあるのです。
奥さんに注文を言うその瞬間まで、「最近ずっと炒めそばだったから今日は他の料理を食べよう!」と思っていても、「炒めそばで!」と元気に注文している自分がいます。
小さい頃は狂ったように卵チャーハンだけを食べていた気がします。

それだけ素晴らしい料理の数々です。 家族一同が王芳の大ファンです。

安部

“山のあなたの空遠く”を求めて


3回の店舗変え

回は、昭和46年4月。とても小さい7席だけ店。無我夢中で突っ走った若い時代。
メニューに、店名をつけた麺(王芳麺)を提供。店名を多くの方々にしっていただこうと宣伝を兼ねて。当時のラーメンのイメージを変えた一品。開店早々から列をなし空席を待つお客様の列。一日中。 

回目は、昭和56年10月。充実した仕事を目差して文化通りに出る。新築のビルの正面に。店内は明るく目映いばかりの天井のライティング、あこがれの暖炉も取り付けた。 、設計を間違え煙が店内に充満したっけ!のちに 改装をして小部屋を設け宴席にも活用。

中央からの食の雑誌や、沢山の取材を受け、近 からのお客様に足を運んでいただき充実した日々。
 

度目の店舗は、平成17年7月。自然でありのままの我に帰りたくて静かな
住宅街に移る。

空が見える、緑がまぶしい、風の声がきこえる!毎日が清々しい。

それぞれの店舗でそれぞれの夢を見、
出会った皆様との思い出が沢山詰まった45年!!


王芳 店舗金源時代