月別アーカイブ: 2016年11月

ゴホンときたら葱6本  お正月はかまどから

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

ゴホンときたら葱6本        お正月はかまどから
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-11-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

36、葱の旬は11月~翌年2月の寒い時期の頃。関東辺りでは白葱。関西では青葱(葉葱)が好まれる。白葱は寒さに強く、青葱は暑さに強いと言われる。葱は、代謝を高め、滋養強壮、殺菌作用や体温を上げる作用があり、風邪予防に効果抜群。だが、昔から風邪をひいたら葱を首に巻くと良いと言う事は”まゆつばもの”食してこその効果です。

37、かまどの神様は、囲炉裏や台所など、火を使う場所に祀られている神。台所と、家の守り神を兼ねた中国起源の神様! 旧暦12月23日に天に昇り、その家で一年間にあった良い事、悪い事を全て天の神である玉皇上帝(中国の最高神)に報告し、大晦日に戻ると伝えられている。

 

昭和59年11月17日、昭和59年12月15日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター               味童子(渡辺 孝行)

中国人は乾杯上戸  朝の外食オハヨウ麵

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

中国人は乾杯上戸          朝の外食オハヨウ麵
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-11

34、中国式の乾杯は、グラスの中の酒を残さず飲み干すこと。つまり日本でいう ”一気飲み”。 相手が酒を飲み乾していて、自分が飲み乾さず残すのは、相手の面子を潰す大変失礼な行為にあたると言う。中国では酒に強い人は、”海量”と言って尊敬の対象になると言う。が、酒席での無礼講は通用しない。飲みすぎて羽目を外すことは許されない。 中国の国酒といわれる”貴州茅台酒”は、アルコール度数が、50~60度もあり、500年近い歴史があり、”乾杯の酒”として有名。

35、中国の人達の朝食が外食である事は有名だが、我が日本でも、昭和の中期ころの喫茶店で、モーニングセットが出されていたのを思いだした。バターを塗ったトースト、エッグスタンドにのせた半熟卵、コーヒーと。ごちらも手間暇いらずの生活の知恵!

 

昭和59年9月15日、昭和59年10月20日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター              味童子(渡辺 孝行)

王芳のマッチ(燐寸)

img_20161108_150127

作製した時期は正確には覚えてはいないが、福島市の電話の市内局番が2ケタという事からすると、25~26年前かと推測します。(金源ビル店が1987年にリニューアルした後で、局番が3ケタの変更が1998年。その間に作ったものだと思う)

img_20161108_152611

当時は、飲食関係や、金融関係などその他多くの職種で自社の名入れのマッチを作り、宣伝広告用として配られたものです。
現在は、広告媒体が多様化したり、生活様式の大きな変化で、周辺では、ほとんどマッチは見当たらなくなった。

マッチの作り方を見てみると、マッチ全盛の時の作り方は、ボール紙にラベルのデザインを直接印刷し、マッチ箱の形状に作り上げている。その以前の昭和30年代頃までは、経木(マツ材を薄く板状にしたもの)を使用して箱を作り、その表面にデザインしたラベルを貼りつけていたらしい。

王芳のマッチは、ラベルの材質として和紙を使用し、デザイン、印刷したもの。その為、直接箱としては利用できず、昭和前半と同じ製作作業になると言う事になる。
そのような事情で、デザインされたマッチのラベルと白無垢のマッチの箱は、別々に納品された。それを、一つ、一つ手作業で張り付けていくのです。

img_20161103_143305

ラベルのデザインは、表面は中国の山水画、裏面には中国の諺(ことわざ)が書かれている。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-10-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-10

マッチは近年、日用品としての役割を終えてしまったが、ラベルアートの感覚でとらえられ、愛好家、収集家も多くいるときいています。