粥  大嚙麵

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 かゆ                       あんかけそば
13 粥
13、正月が過ぎた7日の朝「七草なずな唐土の鳥が日本の国に渡らぬさきに‥‥」
   と唱えながら家の主が神棚の下で、俎をたたく。
   七草粥は、正月疲れの胃袋を労わる行事。

14、あんかけは、材料の旨みをとじ込めたり、料理を冷めにくくしたり、使い勝手の
   良い調理方法。


昭和57年12月14日、昭和58年1月24日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター              味童子(渡辺 孝行)