麵食いに福あり  一品鍋出世物語

中国料理4000年、王芳45年!
あのころも今も、いつも変わらない 「本当に美味しい!!」を。

王芳知新

 麵食いに福あり         一品鍋出世物語
イメージ (8)
23、長寿麵とは
中国には縁起物として、誕生日や祝寿の時に、寿麵を食べる風習がある。長者麵とも呼ばれ、一本麵(一本の麵から作り上げる長い面)は、丼一杯の中に33mのめんが入っているという。

24、中国の鍋事情
その当時、中国の庶民の鍋は、白菜や、しいたけ、春雨、豚肉などを煮込み、各自取り分けて、好みの調味料をかけて食べるという。庶民の素朴な味は、皇帝や、金持ちの舌には、一際新鮮で、美味しい味に感じたのだろう。


昭和58年10月  昭和58年11月24日付    福島民報夕刊掲載
制作 : 進和クリエイティブセンター            味童子(渡辺 孝行)