シンガーソングライター

夢と思わないけれど、いまも実感がない。
いまから15年ほど前、「暮らす町の仕事帰り、好きなひとのLIVEが聴けたら、どんなにか幸せだろう。」と思っていた。そして聴きたいと願ってきた。こうして今まさか、LIVEを観て、演者と一緒に愛する店で食事が出来るとは。

巡るご縁があり、ことあるごとに話す北京料理店。人と逢うたび、「福島は餃子の町なんです!しかも、ここのはてんで違う。皮は手作り、材料切るのだってミキサーなんぞ使っちゃいない。すべてはジャングィの包丁さばきによるもの。味付けだってしっかりなされているのだから、まずはそのままを頬張って。酢はもちろん、醤油とラー油はお好みで。そう、そのひとくちを食べた後に、ね。」語り口と言ったら、それは自分の御用達って具合に、自慢げたっぷりだ。

13781803_1086011128142377_7959976135855426371_n
撮影:Black Comet Club サイトウヒツジ

 ふと眼が合ったのは、LIVE翌日の11:30。勤める店のすぐ鼻先。シンガーソングライターとベース弾きのふたりの姿が見えた。あわててドアを開け、話しかける。
「王芳は、いま開いたばかりです!食事ご一緒しても良いですか?」とずうずぅしくも私。
「あぁ、昨日聞いていたからね、ここ。何を食べたら良いか、教えて。」と応えてくださる。
好きなものをいっぺんに味わえる贅沢と言ったらない。終始緊張で、途中注文すら間違える私。どれだけ幸せだったことか。

ふたりのLIVEは、この町で2日間の4公演。しかも、すべての構成がおなじ曲のない、まさに一期一会。羨ましくも、3公演観たお客さんが言う。「LIVEのとき、お料理の話されてましたよ。」と。

IMG_3254
「定食。付け合せのキュウリが絶品でした。(伊賀航さん)」
「酢豚の林檎、はじめて。丁寧な仕事されているのですね。海老も美味しかった。(寺尾沙穂さん)」

憧れの方たちを、案内出来る喜び。福島市に誇れる食のお店があること。キシキシとした野菜の歯応え、スープたっぷりの餡を含む肉の旨さよ。 いつでも案内したい暮らす町の北京料理店。

その姿は、きょうもこの町にある。
それだけは、夢でない。
 
寺尾沙穂
http://www.sahoterao.com/
伊賀航
http://tone.jp/artists/igawataru/


PICK-UP / 田中 栄